我が子を少しでも良い環境に置くためにと、幼稚園を受験させることを視野に入れている家庭は多いのではないでしょうか。特に、都内では当たり前のことと考える家庭も増えました。しかしその際に悩むのは、準備はいつから行えば良いのかという点ではないでしょうか。準備は少しでも早くから行っておくべきだという人もいれば、小さい間は自由にさせておいたほうが良いという人もいます。やはり、自分の子供のペースに合わせて適した時期を見計らうべきではないでしょうか。無理やり学ばせようとしても、子供が嫌がる時には無理に行うべきではありません。無理に行うことで、子供が学ぶことが嫌なことだと認識してしまうと、その後の挽回が難しくなります。子供よりも両親が焦っているというケースはよくありますが、親が焦っても仕方がないということは頭に置いておきましょう。

幼稚園の受験と面接について

幼稚園の受験を決めたのであれば、避けては通れないのが面接です。子供にとって初めての面接となるのはもちろんですが、面接時には子供だけではなく親も合否に大きく影響をもたらします。もちろん子供本人も見られてはいますが、まだ幼い子供を見ただけで合否の判断を下すのは簡単なことではありません。親の面接結果が合否のポイントとなります。園によって方針など考え方には違いがあり、その考え方にあった家庭が良いと考えるのは当たり前のことではないでしょうか。面接の対策として、園の方針をしっかり調べておくという点は欠かせません。もちろん、方針に全て賛同できることばかりではないという場合もあります。その際には、無理をして取り繕っても後々ばれてしまうことにつながり、マイナスのイメージになってしまうので、あまり無理しないようにしておきましょう。

幼稚園の受験対策と習い事

我が子の受験を考えているという家庭の多くは、幼稚園から考えているのではないでしょうか。小さな頃に行っておいたほうが、子供への負担も少なくて済むことは確かです。その際に悩むことといえば、受験対策です。幼児教室に通わせるべきなのか、その他の習い事もするべきなのかなど、考え出すと悩みは尽きないのではないでしょうか。しかし、どちらにしても子供自身が自ら行きたいと感じないところに通わせても意味はありません。小さな頃には、親と過ごす時間がかなり大切なものであり、わざわざ幼児教室や習い事をさせなくても、親がきちんと教育していけばよいことと言えます。もちろん習い事や幼児教室に行くことで得られるメリットというのもたくさんあるので、そのあたりは親がきちんと見極めて判断してあげるようにしなくてはならないのではないでしょうか。

伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 幼稚園受験を考えている方におすすめ